任意保険と車両保険の違い

任意保険は、民間損保や共済の自動車保険(共済)のことで、強制加入となっている自賠責保険と対比する意味で任意加入の保険と表現されています。そして車両保険は、この任意保険のなかで、保険対象車両の損害を補償する保険として存在していますが、車両保険自体も任意加入の保険ですから、任意保険(自動車保険)をかけている方でも車両保険は付けないで契約している方もいます。車両保険は任意保険の一部ですから、この2つは全く別ものではありませんが、違いを対比できるものではありません。

任意保険と車両保険をあえて対比して違いをみるとするなら、任意保険は、そもそも自賠責保険保険だけでは不足する自動車事故による補償を補う保険で、保険の目的は相手方への補償を万全にすることにあります。つまり被害者を守るということが根底にある保険です。一般的に保険というと契約者のリスクを保全するのが目的となっているわけですから、任意保険、自動車保険というのは少し特殊な保険だとも言えるでしょう。

その点で言うと、車両保険の目的は一般的な保険に近いと言えます。車両保険は、自分の財産でもあるマイカーの損害を補償する保険だからです。任意保険に加入している方で車両保険をつけていない方がいるのは、車両保険をつけなくても、自動車保険としての目的は果たせるからということがあります。もちろん保険料を節約するためという理由もありますが、必要性の高い保険なら、保険料が高くてもつける方がもっと多くなるはずです。

任意保険は自分を守る部分もありますが、根本的にはクルマ社会における被害者救済のために必要な保険であり、車両保険は自分のクルマの損害を補償するための、自分のための保険という違いがあると考えれば良いのではないでしょうか。

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較