保険会社を変えたら等級は引き継がれる?

自動車保険は保険会社を変更することで等級がリセットされることはありません。なお等級が引き継がれるには、次の要件を満たしている必要があります。ひとつは、記名被保険者(該当するクルマを主に使用する方)が同じであること、保険対象のクルマが同一であること。

ということは、車両入替の場合は等級がリセットされることになるわけですが、前の契約が終了してから13ヶ月以内であれば、車両入替や新規手続きをとっても等級はそのまま引き継がれることになります。

ではクルマの名義を変更した場合はどうでしょう。クルマの名義とクルマの主たる使用者は違っても構いません。つまり名義が変わっても記名被保険者(主たるクルマの使用者)が変わらなければ、等級がリセットされることはありません。
また記名被保険者が変わっても、配偶者や同居親族の範囲での変更であれば、通常は等級を引き継ぐことができます。ここは個別に要確認ですが、そうした規定の自動車保険がほとんどだということです。

では等級が引き継がれない場合には、どういうケースがあるでしょうか。いちばん多いのは満期日までに契約更新や他社への移行が終了していなかった場合です。これは失効という扱いになるケースですが、一般的な自動車保険は満期日の16時を境に新契約の補償がスタートすることになっていますので、更新であっても他社移行であっても余裕をもって手続きをすすめることがポイントです。

どのような場合でも、満期日の2ヶ月前には、現在契約している保険会社から案内の通知が郵便で届きますので、これが来たら、先延ばしをしないで見積もり検討は始めておくべきです。万一うっかり満期日を過ぎてしまった場合は、一応あきらめず、保険会社に連絡してください。早い段階で気づいた場合は、ギリギリで失効を免れることもあるかも知れません。まあ、そうならないためにも、更新・移行手続きは早めにすすめておくことです。

更新・移行手続きを早くすすめておくと、急に無事故証明が必要になったり、保険料の支払い方法が思っていたのと違った場合でも落ち着いて対応できます。民間損保と共済では他社移行に関する手続きに違いがあるようなので注意してください。

なお等級引き継ぎは、悪い等級も引き継がれます。6等級未満の等級は、満期を過ぎても13ヶ月間は存続しています。また保険評価が低い運転者は、契約を引き受けてもらえないこともありますので注意してください。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較