車両保険は条件次第でこんなに安くなる

車両保険は自分のクルマの損害を補償する保険です。

任意保険のいちばんの加入目的は、自賠責保険では不足する相手方への損害賠償を確実にカバーすることにありますから、自分のクルマの補償は二の次でも仕方ないという考え方もできます。しかし、実際にクルマを所有して生活していると、車両保険をつけていなかったことで後悔することは結構あるものです。
保険料に占める車両保険の割合は大きいですが、子どもが独立するまでの間は一般車両保険、いわゆるフルカバータイプのものをつけておけると良いかと思います。

では車両保険を少しでも割安に契約するためのコツをあげておきたいと思います。

そのひとつが免責をつけるということです。

免責のつけ方はいろいろある

車両保険を少しでも割安に契約するため、ほとんどの方が免責をつけて車両保険を契約しています。免責とは事故を起こして修理する場合に、自己負担する金額のことです。たとえば私が契約している車両保険は、1回目が0万円、2回目以降は10万円という免責をつけています。このパターンでは、保険期間内にはじめて車両保険を使う場合は免責はありませんが、2回目以降は10万円を自己負担するという内容です。

保険料を少しでも安くするために免責をつけて契約したいけれど、自己負担はやはり痛い。でも車両保険を使うような事故は起こしても年に1回ぐらいだろう、というのが私の本音です。これなら免責をつけても、実質自己負担することはないだろうという思いと言えば良いでしょうか。免責は、こうした付け方もできるということです。

また1回目から10万円つけてしまうという方もいます。このような免責のつけ方をすれば、免責をつけないで契約した場合と比べて、半分近く保険料が安くなる場合もあるでしょう。
でも保険料は負担しているのに、予定外の10万円の出費はやはり痛いと言えます。ただし免責金額を丸々10万円負担することになるケースというのは、自損事故、または相手に過失割合がない事故に限られます。相手に過失割合がある場合は、いったんは免責分を自己負担したとしても、示談成立後はある程度、または全額、自己負担した分が戻ってくることもあります。日頃から安全意識の高い運転をしていて、運転経験の長い方であれば、1回目から免責をつけてしまうことで、車両保険の保険料はかなり抑えられることになるでしょう。

車両料率クラスにも注意する

もうひとつ、車両保険を安く契約する方法は、車対車+A特約で契約するということです。車両保険の補償の種類は、あらゆる事故に対して(戦争や地震、津波などが原因の損害を除く)損害を補償する一般車両保険と、一般車両保険の補償内容から自損事故と当て逃げに対する補償を外した車対車+A特約の2種類があります。当然ながら車対車+A特約で車両保険を契約したほうが保険料は安くなります。

ただし一般車両保険から車対車+A特約に補償内容を変更しても、免責で調整するような保険料の違いは生まれません。それに運転技術が安定していない方が自損事故の補償をとってしまうとなると、車両保険を付ける意味自体が薄くなってきます。車対車+A特約にする場合は、自身の運転技術と経験をよく考えて決めるようにしてください。

また補償内容に強弱を付けるよりも、保険料を下げる効果があるのは、車種を選ぶということになると思います。車種を選ぶと言っても、すでに乗っているクルマがあるわけですから、次回買い替えるときの話にはなってしまいますが、車両保険を割安にするのなら、車両料率クラスの低い車種を選択することも考えておきたいところです。

車両料率クラスは9ランクありますが、ランク1とランク9では、保険料率は単純に4倍ほど違ってきます。「保険料を安くするのなら絶対軽自動車がおすすめ」とまでは言いませんが、修理費が高くつき、盗難やいたずら事故のリスクが高い高級外車等に乗りたいと言うなら、保険料を安く抑えるというのは難しい話となります。おもに乗るクルマは料率クラスの高くないファミリーセダン、セカンドカーにはスズキのジムニーといった選び方が、保険料を節約する一例と言えるでしょう。

この車両料率クラスは毎年見直され、保険会社に確認するとランク等は教えてくれます。クルマ選びで迷ったときなどは、車両保険や料率クラスのことも思い出してみると良いでしょう。またクルマは消耗品であり、移動手段だと割り切っているのなら、できるだけ料率クラスの低いクルマを選択することで保険料の大幅節約につながります。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較