自動車保険は年齢条件で保険料が安くなる

自動車保険は、事故リスクに応じて保険料が算出されるようになっています。つまり事故を起こしやすいドライバー、また契約条件ほど、保険料が高くなるというわけです。この事故リスクを判断する基準はたくさんあるのですが、そのなかでも基本となるのが運転者の年齢条件です。事故発生率は運転者の年齢によって変わってくるというのが自動車保険の考え方です。

過去の統計データからも、若年層ほど事故を起こす確率が高いことが証明されていることから、一般的に自動車保険は、年齢が若い方ほど保険料が高くなり、年齢が上がるにつれて保険料は割安になっていきます。自動車保険はそうした基本的な仕組みを持つことから、自分の環境に合った年齢条件を契約条件に設定することで、保険料を安く抑えることが可能です。

たとえば保険車両を運転する人の年齢が、35歳以上であるなら、全年齢補償とはせず、35歳以上補償とするわけです。全年齢補償と35歳以上補償では、保険料は倍近く変わってくるでしょう。

自動車保険は保険期間中でも年齢条件を変更できる

でもいくら保険料を抑えたいからと言っても、年齢を偽って自動車保険を契約することは、もちろんできません。ですから保険料を安くしたくても、年齢条件で対応できることは限られています。でも年齢条件に関して意外に見落としていることがあります。それは、保険期間中の年齢条件の変更です。これをしっかりやっておくことで、保険料を節約する機会は増えます。

どういうことかと言うと、自動車保険の契約条件の変更は保険期間中でもできるものが結構あるのです。そしてそのひとつが年齢条件です。たとえば、保険更新時、または契約時の年齢は25歳だったけれど、保険期間中に、誕生日を迎えて26歳になったという場合です。
多くの自動車保険では、26歳になると21歳以上補償から26歳以上補償に年齢条件が変わります。したがって保険期間中に26歳になった場合は、年齢条件変更を申し出て契約内容を変更することで、その後の保険料を下げる、または多く払った保険料を精算してもらうことができるのです。

なお、年齢条件の区分は自動車保険によっても違いがあるのですが、一般的には「全年齢補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」といった4段階区分になっています。契約している自動車保険の年齢区分の変わり目をおさえておくことは、自動車保険の保険料を安くするためのコツだとも言えるでしょう。

上記のような年齢条件となっている保険契約であれば、契約期間中に21歳、26歳、30歳の誕生日を迎えるタイミイングで、保険会社に年齢条件の変更を申し出ることで、保険期間のうち何ヶ月分かの保険料を安くできます。

自動車保険は1年ごとに更新する保険ですから、契約期間中に年齢条件が変わっても、更新時の年齢条件を1年間キープするものと、ほとんどの方が思っているのではないでしょうか。何度もめぐってくるチャンスではありませんが、だからこそ、年齢条件の変更で保険料を下げるチャンスを逃さないようにしたいものです。

子どもが運転したいと言ったら

それと年齢条件に関して、ふたつほど付け加えておきます。

ひとつは、子どもが運転するようになった場合の年齢条件についてです。

たとえば免許取得して間もない19歳の子どもが、実家のクルマを運転したいと言い出した場合を考えてみましょう。この場合、保険料が高くはなりますが、子どもの年齢に合わせて全年齢補償などに年齢条件を変更するしかないと思うかも知れません。実際それまで30歳以上補償としていたとすると、全年齢補償に変えれば保険料はかなり上がってしまいます。
しかしこうした場合は、年齢条件を変えるのではなく、子供追加特約(子供特約)を付けて対応するのが一般的です。子供追加特約を付けても保険料は高くなりますが、全年齢補償とするよりは、保険料を膨らませないで済みます。子どもが運転することになったら、早めに保険会社に連絡して、子供追加特約を付保するように手続きしてください。

そしてもうひとつ、年齢条件の細分化について触れておきます。

これまで自動車保険は、30歳、または35歳以上の年齢条件がなく、その後何歳になっても年齢による保険料率は変わりませんでした。しかし2011年以降、年齢区分が見直され、保険会社によって違いはありますが、30歳以上から10年ごとに年齢区分が細分化され、記名被保険者の年齢の応じた保険料が算出される方向に変わってきています。

これによって、とくに70歳以上の高齢者区分では保険料が割高となりますし、それ以前の年齢でも、50歳からは段階的に高い料率が適用されるようになっているということです。この年代に達していない方はまだ先のことと思うかも知れませんが、保険会社がこうした方向に向かわざるを得なかったのは、保険会社の業績が芳しくないことの表れでもあるわけです。自動車保険の保険料は、全体的に上昇傾向にあるということも知っておいたほうが良いでしょう。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較