自損事故保険・無保険車傷害保険とは?

自動車保険の見積りをみると、とくに保険金額を決めたわけでもないのに、自動的についてくる保険や特約があります。自損事故保険や無保険車傷害保険などがそのひとつです。

自損事故保険と無保険車傷害保険は対人賠償保険に自動付帯してくる保険です。この2つの保険がどういった場合に使えるのかみていきましょう。

自賠責が効かない単独事故による死傷を補償する自損事故保険

自損事故保険は、相手に過失割合がない場合や完全な単独事故で死傷した場合に保険金が支払われます。

自損事故の一例を上げると、スピードを出し過ぎて電信柱やガードレールに激突したとか、運転ミスにより対向車線に入り込んで、対向車と正面衝突したといったケースがありますが、こうした事故でも同乗者が他人の場合は、その同乗者が事故により死傷すると自賠責保険から保険金が支払われます。しかし運転者本人の死亡やケガは自賠責保険から保険金は支払われません。このような運転者自身100%の責任で招いた事故で、自らが死傷した場合に補償してくれるのが自損事故保険です。

自損事故保険は、死亡保険金が1500万円、ケガにより後遺障害を負った場合は程度に応じて50万円~2000万円が支払われます。また入院・通院給付金もあり、通常入院が日額6000円、通院が日額4000円となり、トータルで100万円を限度にこれらの給付金が支給されるようになっています。

このほかにも後遺障害により所定の介護状態に陥った場合は、介護費用保険金が支給されます。介護用保険金は自動車保険によっても違う場合もありますが、1名につき350万円を上限として支給されます。

自損事故保険の補償内容は、介護費用までカバーされているものの金額的には十分なものとは言えません。自損事故について十分な補償を確保したい場合は人身傷害保険をつけることで、補償を厚くすることができます。そして、その場合は人身傷害保険からのみ保険金が支払われることになります。

相手が特定できないひき逃げ事故も補償される無保険車傷害保険

無保険車傷害保険は、事故の相手が任意保険に未加入、または任意保険に加入しているが、設定保険金額が低すぎて十分な補償が得られない場合、また相手の任意保険が条件違反で保険金が出ないといった場合に、自分の任意保険から保険金を受取ることができるというものです。またひき逃げなどで加害者である相手が特定できない場合も、無保険車傷害から保険金が支払われます。

ただし注意が必要なのは、、無保険車傷害保険は後遺障害や死亡した場合にのみ保険が効くようになっており、ケガのみの場合は、相手の自賠責保険の120万円補償が適用されるということです。また無保険車傷害保険は傷害保険保険ですから、追突などで受けたクルマの損害は補償されません。

それと入院をした場合の休業補償なども無保険車傷害保険にはありません。人身傷害保険に似ている部分が多い保険ですが、自動付帯保険ということもあり、そこまで補償範囲は広くないということです。

ただし無保険車傷害保険は、被保険者がクルマを運転しているときだけではなく、運転中以外の場面で(歩行中など)無保険車にひかれたというケースでも保険金が支払われるようになっています。この点は人身傷害保険と似ていると言えるでしょう。

なお保険金額は、契約している対人賠償保険が無制限なら2億円が上限となり、そこから相手方の保険から支払われる金額を差し引いた額が正味の保険金額となります。

また無保険車傷害保険保険も自損事故保険と同様に、人身傷害保険と補償範囲が重なることから、人身傷害保険に加入している場合は、人身傷害保険を使うことになります。
無保険車傷害保険はなかなか良い保険ですが、その補償を強化した人身傷害保険をかけておくのがやはりおすすめです。

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較