人身傷害補償とは?

人身傷害補償は自動車保険の自由化以降、2000年ごろから扱う保険会社が増えた比較的新しい保険です。

自動車保険のなかでは「ご自身・搭乗中の方への補償」という項目に含まれる保険で、その名のとおり、人身事故に関する傷害保険となります。また自動車保険によって「人身傷害保険」や「人身傷害補償特約」などと表現が異なる場合がありますが、補償の中身は同じです。

人身傷害補償ってどんな保険?

人身傷害補償のおもな特徴は以下のとおりとなります。

・実際に発生した損害額を補償してもらえる
・示談交渉・過失割合に関係なく保険金が受け取れる
・単独事故も補償される
・契約内容によっては、歩行中など搭乗中以外の人身事故も補償対象となる

こうしてみると自損事故保険や無保険車傷害保険にも似ているところがありますが、どちらも自動付帯保険ですから、保険金額も限定的です。また無保険車傷害保険はケガの補償はなく死亡、もしくは後遺障害とならなければ保険がおりません(ケガの補償は自賠責から支払われる)。

人身傷害補償は、死亡、後遺障害はもちろんですが、ケガの補償も当然あります。また搭乗者傷害とは違い、入院・通院費等の治療費の実費のほか、逸失利益、休業補償、精神的損害(慰謝料)なども請求できます。搭乗者傷害は、日数払いの契約でも入院・通院費は定額払いですが、人身傷害補償は実際にかかった費用を請求できるのです。したがって、搭乗者傷害保険とも補償内容は異なるということです(そのため2つかけておくと、両方の保険から保険金が支払われる)。

そして搭乗者傷害も保険金額は過失割合に左右されませんが、人身傷害補償のように示談をまたずにというわけには行きません。搭乗者傷害保険は示談がまとまり、ケガの部位・症状、または入院や通院日数が決まってから保険金が支払われます。人身傷害保険は示談交渉に関係なく保険金が支払われますので、示談がまとまっていなくても、損害額の計算が終了していれば保険金が受け取れるのです。また示談に関係なくということですから、当て逃げなどで、相手の所在がつかないような状況でも人身傷害補償は保険金がおりるということです。

言い方が悪いですが、保険会社の人身担当者が、適切に手早く損害額の計算をしてくれさえすれば、相手が示談に応じようとしなくても、逃走して行方がわからない状態でも、自分を守ることができるということです。

人身傷害補償は、以前はダイレクト系損保の自動車保険では扱いがありませんでしたが、現在では、おそらく全社で取り扱いがあります。自動車保険の傷害補償には、人身傷害補償をつけておくことをおすすめします。

人身傷害補償で注意したいこと

人身傷害補償で注意したいことは、損害額の計算に用いられている損害額基準によって、支払基準額が保険会社ごとに違いがあるということです。

たとえばクルマの運転手であるご主人が死亡した場合に支払われる保険金には、逸失利益、葬儀費用、精神的損害(慰謝料)などがあるのですが、このうち支払基準額が保険会社によって大きく異るのが精神的損害(慰謝料)です。

人身傷害保険は実損額を補償する保険ですから、計算根拠が変わらない逸失利益や葬儀費用は、保険会社によって違いはほとんどありません。でも精神的損害(慰謝料)はどうしても違ってくるのです。

端的に言ってしまうと、保険料の安さを特徴としている保険会社ほど、正直そこの金額も相対的に低いのです。これは保険料の安さと引き換えという意味で仕方のないことですが、もし人身傷害補償を重要視して自動車保険を契約したい場合は、面倒でも人身傷害補償の保険金支払基準額を約款などで調べて比較してみることも必要かも知れません。

なお、保険料が安いから、ダイレクト系損保はどこも慰謝料の支払基準額が低いのかというとそうではありません。たとえばソニー損保、そんぽ24、イーデザイン損保などは大手代理店系損保と同等の基準額にしています。ダイレクト系損保でも、人身傷害補償の保険金額を重視しているところがあるということは少しホッとしますね。

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較