搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険は自動車保険のなかでの傷害保険のことで、対人賠償保険とは違い、保険車両に搭乗している人(補償対象には自分を含む家族や知人・友人といった他人も含まれる)が事故によって死傷した場合に使える保険です。つまり相手方ではなく、自分たち側の事故による傷害を補償する保険ということです。

搭乗者傷害保険と似た内容の保険に人身傷害保険があり、最近の自動車保険では、搭乗者傷害保険をつけないで人身傷害保険だけにしている契約が増えていますが、この2つの保険は同時につけることもできて、その場合は保険金もそれぞれ別々に支払われます。2つダブルでつけると当然保険料は高くなりますが、保険金が支払われるタイミングも若干違いますので補償としては手厚くなります。どちらか片方だけということなら、人身傷害保険のほうがおすすめですが、傷害補償を手厚く持ちたい方なら、両方かけておくというのももちろん無駄ではありません。

ほとんどの搭乗者傷害保険は部位・症状別払いで保険金が支給される

もともと自動車保険の傷害保険というのは搭乗者傷害保険しかありませんでした。つまり人身傷害保険のほうがあとからできた保険ということです。ここでは搭乗者傷害保険の中身について整理しておきましょう。

搭乗者傷害保険の保険金は、搭乗中のケガや死亡時に支払われるわけですが、保険金の支給パターンは、部位・症状別払いとなり、保険金額の範囲内で実損額が支払われる人身傷害保険とは違いがあります。

部位・症状別払いというのは、頭部の骨折・脱臼なら50万円というように、部位ごと、ケガの種類によって決められた金額が支払われるもので、搭乗者傷害保険では、これらが事細かく決められており、それに応じた金額が保険金として支給されるようになっています。

またこうしたケガというのは一箇所ではなく、複数の部位で生じることが多いわけですが、部位・症状別払いでは、保険金が高い項目からのみ保険金が支払われ、低い項目からは支払われません。なお保険金が支払われるのは、ケガの部位・症状が確定し、相手方との示談が成立してからとなります。

搭乗者傷害保険の日数払いとは

搭乗者傷害保険には部位・症状別払いのほかに、最近ではほとんどなくなりましたが、ケガの種類や程度に関係なく入院・通院日数に応じて保険金が支払われる日数払いという支給パターンもあります。部位・症状別払いにくらべて補償も手厚くなりますが、そのぶん部位・症状別払いにくらべると保険料も割高となります。

部位・症状別払いでは、ケガの箇所が複数になると保険金の高いほうからだけ支払われるというのはちょっと納得できないかも知れませんが、傷害補償として人身傷害保険をつける方が増えたことで、保険料が割高な入院・通院日数払いを選択するより、割安な部位・症状別払いのほうが人身傷害保険とダブルでかけやすいと考えられます。

また日数払いのほうは、トータルの入院通院日数が確定するまで保険金が請求できません。部位・症状別払いは、示談さえ成立していれば、ケガの部位・症状さえ確定していれば、保険金を受取ることができます。この点も部位・症状別払いのメリットとなります。

なお搭乗者傷害保険を使っても等級ダウンにはなりませんが、こちらにも過失割合があって、対人・対物賠償保険を使う場合はもちろん等級ダウンとなります。

また搭乗者傷害保険の保険金額は1000万円から2000万円の間で設定するものが多く、事故のケガによって死亡した場合は、契約した保険金額が一人につき支払われます。つまり1000万円の契約で2人が死亡した場合は、死亡保険金として合計2000万円が支払われることになります。

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較