対物賠償保険とは?

対物賠償保険は、保険車両の運転事故によって他人のクルマや物を壊してしまった場合の損害を補償する保険です。

対人賠償保険は自賠責保険の上乗せ保険として使われるものでしたが、自賠責保険には対物賠償がありませんので、任意保険に加入していなけければ、自動車事故による対物賠償補償はゼロということになります。任意保険の加入を躊躇される方は、このことによるリスクを理解しておく必要があります。

なお対物賠償でも、損害賠償の対象となるのはあくまで家族ではない“他人の財物”に損壊を与えてしまった場合となりますのでこの点は理解しておきましょう。

対物事故は間接損害によっては高額補償になることもある

対物賠償責任補償は、物損の損害額が補償額の中心になってくるわけですが、事故の内容によっては、そうした直接損害だけではなく二次的に発生する間接損額まで補償する必要がでてきます。

いちばんわかりやすい間接損害は休業・休車損害です。休業・休車損害は、バスやタクシー、トラックといった業務用車両を損壊してしまった場合や、店舗などに追突した場合に発生するもので、事故がなければ、得られていたであろう売上や利益などがそれにあたります。休車や休業による損額額は損壊対象によって違ってきますが、たとえば従業員を多数雇って営業しいる店舗に追突し、その店舗が休業を余儀なくされたとすると、その期間の従業員の給与も損害額に計上されることになります。

また店舗に追突した場合は、店頭商品は売り物にならなくなってしまうでしょう。そうした事故では、当然売り物にならなくなってしまった商品の価額も損額額に計上されます。事故の規模は小さくても、高価なブランド品や貴金属を扱っているお店に追突した場合は、賠償額が予想外に大きく膨らむことがあるということです。

対人賠償に比べると、対物賠償の補償額は平均的には少なくなるのですが、当たった相手によっては、驚くような高額補償となる場合もありますので、万一に備えた補償をよく検討した上で持つべきでしょう。

対物賠償保険は免責をつけて契約できる場合が?

上記のような、最悪の事態が起こることを想定してしまうと、対物賠償保険も無制限としておくことが安心なのですが、特殊な対物事故を除くと、普通乗用自動車以下のクルマであれば、保険金額は5000万円でも十分であると言われています。

また対物賠償保険は、補償額が大きくなった場合の保険料の上昇率が、対人賠償保険より大きくなりますので、クルマの大きさや使用用途によっては、「無制限」にしなくても良い場合もあるでしょう。

また補償額は万全を期す意味でも「無制限」としておき、その上で免責をつけることで保険料を抑えるという提案をたまに見かけます。たしかにこうすると保険料は安くおさまりますが、個人向け自動車保険で対物賠償に免責が付けられるところはほとんどありません。

また免責が付けられたとしても、車両保険のように積極的に免責契約を引き受けるとしていないのは、対物賠償に免責をつけてあると、示談交渉が進めにくくなるからでしょう。

私自身もいろいろ迷った結果、対物賠償もやはり無制限にしています。そのことで年間保険料が3000円程度違うと思いますが、万一の安心には変えられません。

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較