対人賠償保険とは?

対人賠償保険は、保険契約しているクルマを運転して人身事故を起こし、被保険者が賠償責任を負うこととなった場合の損害を補償する保険です。
なお対人賠償責任が発生する事故は、保険車両を運転(使用)して起こすことがほとんどですが、保険の規定としては、所有・管理によって発生した対人賠償責任も補償対象としています(とは言っても、ほとんどがクルマを使用しての事故となりますが……)。

そして対人賠償は自賠責保険でも補償しているものですから、任意保険の対人賠償は自賠責保険の上乗せ補償という位置づけにあります。つまり対人賠償に対しては、まず自賠責保険で保険金が支払われ、足らない分を対人賠償保険で負担するわけです。

対人賠償の補償対象範囲と保険金が支払われないケースについて

また対人賠償保険が対象とする事故の被害者は、歩行中、自転車やバイクを運転中の人、相手のクルマに乗車している人と、“自分のクルマの同乗している他人”も含まれ、これらの人を、負傷させたり死亡させたことによって生じる法律上の損害賠償責任を被保険者が負った場合に保険金が支払われます。

なおここで言う“自分のクルマの同乗している他人”とは、夫婦や親子といった家族以外の人を指します。また当たり前のようですが、自分で子供や親をひいて死傷させた場合は、対人賠償保険の補償は適用されません。

対人賠償保険で“保険金が支払われないケース”についてもう少し付け加えますと、保険契約者・被保険者の故意によって生じた事故は、対人賠償の保険金支払対象外となりますが、通常なら故意と見なされるはずの酒酔い運転や無免許運転で発生した事故には、対人賠償保険の保険金が支払われます。このような解釈となるのは、対人賠償保険が被害者救済を第一に考えた保険だからです。
最近でも無免許且つ飲酒した未成年者がクルマを暴走させ、何人もの人を死亡させるという悲惨な事故が発生していますが、こうした場合でもまず被害者救済という見地から、対人賠償保険金が支払われるということです。

対人賠償は保険金額が無制限でも保険料に大きな違いはない

対人賠償保険は自賠責保険の上乗せ保険でもあるわけですが、自賠責保険で規定している賠償上限額は覚えているでしょうか。

まず被害者を死亡させた場合の自賠責保険の補償上限額は、被害者1名につき3000万円です。後遺障害については1名につき4000万円、ケガについては120万円を上限に保険金が支払われます。

もちろんこれでは対人賠償の補償額としては不十分です。なぜなら人身事故は、被害者が後遺障害に至った場合に高額賠償となることが多く、判例では2億を超える例が、また裁判にはならず示談で解決した事故案件でも億を超える例が多数出ているからです。
対人賠償保険の保険金額はいちばん少ない額で1名につき1000万円、それ以上は、2億円まで1000万円単位で設定できます。そして2億円の上は「無制限」となります。

対人賠償保険を無制限で契約するのが今では一般的ですが、無制限で契約すると保険料が心配という方もいると思います。しかし対人賠償保険は、5000万円で契約しても無制限にして契約しても保険料に大きな違いは出ません。たとえば年間保険料が6万円とか7万円という契約であれば、契約金額が5000万円でも無制限でも、その違いは年間数百円のレベルです。細かく考えるのも良いですが、対人賠償保険は無制限で契約しておくことをおすすめします。

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較