新しくできた自動車保険の特約は必ず確認しておく

新しいと言っても、ここ数年でのことではありませんが、1996の保険業法改正から2年後の1998年に自動車保険は自由化され、保険会社間の競争は一層強まることになりました。それにともなって起こった変化のひとつに新しい特約の創出があります。

反対にここ数年では、乱立した特約が整理される動きがみられました。特に代理店型損保においては保険金の不払い問題の原因ともなった、わかりにくく多種類の特約の存在を反省し、自動車保険の中身もかなりすっきりとした、誰もが理解しやすいものに変わってきています。

こうしたことから、自由化以降にできた比較的新しい特約のなかでも現在残っている特約に関しては、その内容を確認しておき、必要に応じて付帯を検討してみることは意味のあることだと考えられますが、ここではそのなかでも、比較的人気のある特約をあげて紹介してみましょう。

【車両新価保険特約】
車両新価保険特約は、保険車両が事故により全損や一定以上の損壊に至った際、契約時に定めた「協定新価保険金額」を上限に、新車の購入費用を補償してくれるという特約です。

契約できるクルマは新車か新車に近い年式のクルマとなりますが、そうしたクルマの所有者が、万一の大きな事故に備えてつけておくにはちょうど良い特約と言えます。

通常車両保険の協定価額は同一条件の市場価格を参考にして設定され、全損時にはその協定価額が支払われます。
(なおこの協定価額は、保険期間中の市場価格が大きく変動しても、契約時の協定価額は保険期間中は変動しないことになっています)
車両新価保険特約では、新車価格が200万円のクルマが2年経過した時点で全損となっても、協定新価保険金額が200万円ならその200万円が保険金額として支払われます。保険料は割高にはなるものの、新車を購入して車両保険をつけるときは、検討したい方が多い保険特約です。

【等級プロテクト特約】
等級プロテクト特約は、読んで字のごとくですが、事故を起こして保険を使っても、年1回だけなら、等級が据置となる特約です。等級ダウンを抑えるために有効な特約となりますが、保険会社によっては扱いがない場合もあります。

【子供特約】
子供特約も比較的新しい特約です。この特約は、現在の年齢条件を外れるような子供などが、家族のクルマを運転するようになった場合に有効な特約です。たとえば年齢条件が30歳以上補償となっている契約でも、子供特約をつけると、年齢条件を変えることなく子供の運転による事故も補償でき、しかも全年齢補償とするより保険料は割安におさまります。
子供特約は保険期間中でもつけることができますので、子供が免許を取得して運転すると言い出した場合はすぐ付帯すると良いでしょう。

【身の回り品担保特約】
身の回り品担保特約も新しくできた特約のひとつで、車両保険の特約として付帯できます。この特約は事故による車内に載せた物の損害を補償する特約で、搭乗者傷害の物版だと考えると良いでしょう。カメラ、パソコン、楽器、録音・撮影機材など高価な物をつねにクルマに積んでいるドライバーには気になる特約ではないでしょうか。

比較的新しい特約というのはもちろんこれだけではありません。自動車保険の特約の数はかなり整理されていますので、気になる特約があれば、補償内容をチェックしてみることをおすすめします。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較