車両保険って必要?

車両保険が必要かどうかは、質問としてよくあがってくることですが、結局必要かどうかは、ケース・バイ・ケースと言えます。

たとえばかなり乗り込んだんクルマで、近々廃車予定というのなら、高い車両保険をつける意味がありませんし、免許を取得したばかりで、運転になれるまではブツケたり擦ったりしても惜しくない格安の中古に乗っているという場合も、無理に車両保険をかけないでも良いでしょう。これらはブツケても直さないで乗ると決めている場合の例ということになります。

またほとんどクルマに乗らず、使うとしても近所の買い物程度というのであれば、車両保険をつけないという選択もできるでしょう。ただしクルマは運転中以外でも損害を受けることがあります。少し良いクルマならいたずらされることもあるでしょうし、暴風によって予期せぬ飛来物がクルマに飛んでくることもあります。また雪の多い地方なら、軒先の雪庇がクルマに落下して外装を傷めてしまうこともありますから、自分で事故を招くことはないと決め込んでいても、こうした場合の修理代は、100%自己負担で直す腹づもりでいる必要があります。

でもそうした損壊で修理に30万も40万もかかったとしても、親が出してくれたりといったことですぐ直せる方はいるものです。ですから、車両保険が必要かどうかは、まさにケース・バイ・ケースなんだと思うのです。

でも自分自身のことで言えば、一気に30万円も40万円も修理にかかるとなれば、すぐに修理に出すことなどできません。修理代をローンで組むというのも避けたいですから、車両保険をつけているわけです。

また任意保険に加入していない方から、もらい事故などを受けた場合を考えると、車両保険に加入していない状態というのは非常に不安です。

さらに私の場合、実家のクルマで長距離運転する機会が年に何回かあります。こうしたときでも、自動車保険には他車運転危険担保特約がついていますから、対人事故、対物事故については一定の安心があります。また車両保険の契約があれば、他車運転危険担保特約の絡みで、万一実家のクルマをブツケてしまっても、自分の車両保険でクルマを直すことができます。こうしたことからも、車両保険をつけないという選択は私の場合は考えられないわけです。

車両保険が必要かどうか、本当に迷っているという方は、多額のクルマの修理代が発生した場合のことを想像してみると良いでしょう。また対物賠償保険のない方に追突された場合のことを考えてみると良いでしょう。それでも大丈夫と思える方は、本当に運転機会が少ない方か、誰かから資金援助が期待できる方ではないでしょうか。たとえ修理費用を自己資金で負担できる方でも、純粋に自腹となるなら保険に入るはずだと思うのですがいかがでしょうか。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較