どのくらいの保険金額を設定するのがベスト?

自動車保険は「相手方への補償」と「ご自身・搭乗中の方への補償」、「お車・身の回り品の補償」と大きく3つの補償で構成されています。

「相手方への補償」は対人賠償や対物賠償保険であり、「ご自身・搭乗中の方への補償」は人身傷害補償、搭乗者傷害があり、対人賠償保険の特約として自動付帯される無保険車傷害と自損事故もこの補償区分に入ります。そして「お車・身の回り品の補償」は車両保険です(車内・身の回り品への補償はここでは無視しましょう)。

この3つの補償のなかで、「相手方への補償」の対人賠償や対物賠償保険、そして「ご自身・搭乗中の方への補償」の人身傷害補償、搭乗者傷害は保険金額を設定して見積もりをしますが、どのくらいの保険金額を設定したら良いか、ネット見積もりなどで、自分で入力する場合はちょっと悩むところかも知れません。

対人・対物賠償保険の保険金額はどうする

対人賠償は現在ほとんどの契約で、無制限としているのが一般的です。しかも対人賠償の場合は保険金額を下げて2億円などにしても、保険料は年間で数百円しか変わりません。対人賠償は何も考えず無制限にしておいて良いと思います。

では対物賠償はどうか。私自身は乗っているクルマも小さいので、5000万円程度でも良いとも思ったのですが結局無制限にしています。べつに心配性というわけではないのですが、家族もいますし、もし高額な賠償請求をされるような対物事故を起こしてしまったことを考えると、無制限でなければ対応できないと思うからです。

なおクルマの利用頻度・運転環境によっては、対物賠償保険を5000万円とする方もいます。自分ではしないことを、誰かに勧める気にはなれませんが、クルマの乗る機会が本当に少なくて、どうしてもエコノミーなプランでと考えるのであれば、そうした選択もあるということです。

補償内容は手厚いが、保険料は高いのが人身傷害保険

人身傷害保険は、搭乗中だけでなく、クルマを降りて歩行中に交通事故にあった場合も補償対象とする傷害保険ですが、人身傷害保険の普及にともない、保険料を割安にするために搭乗中のみ補償で契約する方が増えています。

個人的には、自動車保険の人身傷害保険は搭乗中のみで十分ではないかと考えています。なぜなら、搭乗中のみ補償とすることで浮いたぶんを、契約金額を厚くするほうに回したほうが、自動車保険としての補償は充実するからです。搭乗中以外の傷害補償を得たい場合は、掛け捨ての共済などでも安く加入できるものがありますので、必要な場合はそちらで準備もできるでしょう。

では保険金額ですが、人身傷害保険がいちばん悩むところかも知れません。この保険は過失割合に関係なく、また示談を待たずに保険金が支払われます。手厚い内容の保険ではありますが、それだけに保険金額を大きく設定すると保険料も高くなってしまいます。人身傷害保険の保険金額の設定が悩ましいのはそこにあります。

なおこうした保険金額を決める場合は、契約形態にもよりますが、記名被保険者が世帯主であれば、その方が亡くなった場合に必要となる経済的な備えがいくら必要かで考えることになります。

ちなみに生命保険関連のデータでは、30代~40代の世帯主が死亡した場合の必要保障額は、平均的に7000万円~8000万円と試算しています(こうしたデータは「生命保険文化センター」のHPなどで調べることができますので興味のある方は見てみると良いでしょう)。もちろんこれをすべて人身傷害保険でカバーするわけではありません。自動車保険の他にも生命保険(傷害保険など)にも加入しているでしょうし、貯蓄や公的年金もこうした備えの一部となるからです。

また生命保険的な必要保障額ではなく、損害保険的な人身事故による損害額で考える方法もあります。こうした損害額も生命保険の必要保証額と同様に、細かくは年齢や収入、家族構成で変わってきますが、平均的には死亡の場合で5000万~9000万円、重度後遺障害では1億円~1億4千万円といった数字がデータとして算出されています。

人身傷害保険の補償額は、最低が3000万円、それ以上は2億円まで1000万円単位で設定でき、2億円を超えると無制限となります。しかし人身傷害保険を1億円以上で契約している方は少ないはずです。高く設定している方でも5000万円、平均的には3000万円というところだと思います。

私自身も人身傷害保険の保険金額を5000万円にしていた時期もありましたが、現在は3000万円に落としています。必要保障額や必要損害補償という考え方を無視しているわけではありませんが、保険料ベースで考えることも大事です。はじめて人身傷害保険をつける方は、まず3000万か5000万で見積もりをかけてみると良いのではないでしょうか。

搭乗者傷害保険の保険金額は1000万円というのが一般的

任意保険の「ご自身・搭乗中の方への補償」は、最近では人身傷害保険オンリーで契約する方が増えており、搭乗者傷害保険をつけていない方も少なくありません。少し前だと、人身傷害保険は、ダイレクト系損保で扱っているところは限られていたのですが、現在ではどこでも加入できるようになりました。

これから搭乗者傷害保険をつける場合は、人身傷害保険をメイン補償とし、それをフォローする補償として搭乗者傷害保険を考えれば良いでしょう。そのため、搭乗者傷害保険の保険金額は1000万円で良いと思います。また傷害保険は最低限で良いということなら、人身傷害保険をつけずに搭乗者傷害保険のみのプランも考えられます。運転する機会が少ない女性なら、そんな契約プランでも十分かも知れないですね。その場合でも搭乗者傷害保険の保険金額は1000万円良いでしょう。

搭乗者傷害保険には入院・通院日数によって保険金が支払われるプランもありますが、現在は部位・症状別にあらかじめ決められた金額が支給される契約が主流です。また搭乗者傷害保険は傷害死亡時に契約している保険金額が支払われますが、後遺障害の場合は、契約保険金額の4%~100%が給付金として後遺障害の程度に応じて支払われます。ただ、もっとも重い障害を負っても、保険金額100%までしか支給されないというのは、後遺障害費用としては弱いと思います。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較