代理店系?ダイレクト系?自動車保険を選ぶならどっち?

代理店系損保の自動車保険でも、補償をシンプルに組むと、保険料はそれほど膨らみませんが、それでも保険料が割安になるのはダイレクト系損保の自動車保険です。

保険料は少しぐらい高いほうが良いと思っている人はまずいませんせから、本当ならダイレクト系損保の自動車保険を契約する人がもっと増えても良いはずですが、実際にはまだ代理店系の自動車保険のほうが契約者数は多いです。

これは代理店系自動車保険のほうが安心であると考えている人がまだ多いからだということでしょう。なぜそうした評価が多数を占めるのかというと、事故を起こした時のことを考えると、顔も合わせたことがない相手が、本当に親身なって動いてくれるのだろうかという思いを持つ方が多いからだと考えられます。

ダイレクト系損保だから示談交渉が不安?

また保険料が安いということは、補償面で手薄な部分があるのではないかと考える方もいるのでしょう。また単純に、あるいは無意識に、大手であれば間違いはないだろうと考える方は少なくないと思います。いずれにしても、自動車保険という商品の選択では、人は保険料の安さだけで動かされるものではないということを、代理店系、ダイレクト系の契約者の数からみることができます。

ただしダイレクト損保だからということで、示談交渉が未熟であるとか、事故対応が劣るということはありません。なぜなら過失割合の判断などは、どこの損保でも過去の事例や判例をもとに判断しているからです。それをもとに示談交渉などもすすめられるので、例外的に特殊な事故案件でない限り、事故解決にむけての手続きは、想像以上にシステマティックにすすめられています。規模の小さなダイレクト系損保だから、また外資系だからということで、示談交渉や事故解決に差が出るということはありません。

違いがあるとすれば、業態や規模によるものではなく、個々の保険会社による差です。このことは自動車保険の顧客満足度調査を調べてみるとわかります。上位に名前を連ねているのは、中堅損保や優良ダイレクト損保だったりするからです。

ですから代理店系かダイレクト系かで判断する場合は、それぞれの特性が自分に合っているかどうかで考えたほうが間違いありません。

代理店系、ダイレクト系、それぞれの特性に合うかどうかがいちばん重要

例えば代理店系損保の特性と言うと、保険代理店と対面で、保険を検討できる、また相談できるということがあげられます。保険を検討するときはプロから話を聞いて決めたいという方は、やはり代理店損保の自動車保険がおすすめです。

また代理店系の自動車保険には、まさにオーダーメイドと呼べるような、さまざまな補償や特約を自由に組み合わせてプランをつくれる商品もあります。こうした保険を販売している保険会社は代理店の教育も行き届いていて、高いコンサルティング力をもつプロ代理店から保険提案をしてもらえます。

ただし代理店系損保は、代理店の能力、知識などに左右されやすい面があります。ですから本当に保険に詳しい専業の代理店を選ばないと、大事な場面で苦々しい思いをすることになる可能性もあるということです。つまり代理店系自動車保険の場合、保険知識に精通している代理店に出会えるかどうかがポイントになります。。

いっぽうダイレクト系の自動車保険の特性は、コストパフォーマンス性の高さです。
ダイレクト損保ではスーパー代理店と出会えることはありせんが、カスタマーセンターに電話した場合でもかなり詳しく保険について相談できますし、いろいろなことを教えてくれます。また誰が電話で対応しても、対応の質に大きなばらつきがありません。情報提供力ということではなかなか素晴らしいものがあります。

それと今ではダイレクト系損保でも人身傷害保険が使えるようになったことで、たとえ人的なサポートが手薄だったとしても(ダイレクト系損保の人的サービスが弱いと決めつけているわけではありません)、自分が受けた損害を確実に補償できる保険を組むことができるようになりました。ダイレクト系損保を選択する場合、人身傷害保険の存在は非常に大きな意味があると思います。

ただしダイレクト系損保であればどこでも良いわけではなく、やはり多くのユーザーから高い評価を集めている会社を選別するべきです。またダイレクト損保の自動車保険に関心はあるけれど、今ひとつ不安な点があるという方は、検討してみたいダイレクト損保に直接電話して保険に関する質問してみることをおすすめします。実際に担当者の声に触れることで、ダイレクト損保に対する不安を拭えるかも知れません。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較