SBI損保の口コミ・評判を辛口評価

SBI 損保は、2008年から営業を開始したばかりの新しい代理店損保です。親会社はSBIホールディングスですが、あいおい損保も共同出資しており、損害保険業務の多くはこの老舗損保から吸収しているようです。

営業歴の短い SBI 損保ですが、損害サービスセンターは、ソニー損保やアメリカンホームダイレクトと同等の規模・数をすでに構築しています。保険料の安さが魅力の SBI 損保は、新しいダイレクト自動車保険の目玉となる可能性を十分秘めていると言えるでしょう。

SBI 損保の口コミ・評判

【良い口コミ・評判】
SBI 損保は保険料がいちばん安くでると思う。保険料を抑えたい方は見積もりしてみるべきです。
ロードサービスも基本補償もなかなか充実している。それでこの保険料なのでアクサなどより良いと思う。
保険料が安いぶん、事故処理に不安がありましたが、スピーディーに対応してもらい満足しています。

【悪い口コミ・評判】
×保険料が安いのでこんなものなのかも知れませんが、事故処理は対応が遅くかなりイライラさせられました。少し保険料が高くても事故対応の評価が良いところを現在検討中です。
×保険金を支払たくないのかと思うぐらいのんびりした対応です。継続更新するのは逆に危険ではないかと考えています。
×典型的な安かろう悪かろうの会社です。

SBI 損保の総合評価

SBI 損保は保険料の安さで、トップクラスの結果が出てくるようですから、保険料重視で比較検討したい方は、アクサダイレクトや三井ダイレクトなどとあわせて、かならず見積もりしておいたほうが良いでしょう。

とくに年間走行距離は保険料に反映されないようですから(使用目的は反映されるが)、レジャー利用で遠出する機会が多く、そこそこクルマを走らせるという方にはおすすめできる自動車保険となると思います。

事故対応に関してですが、まだ営業歴の短い新しい保険会社ですから、一定の傾向がはっきり出ているわけではありません。ただし少し目立つのは対応が遅いという意見です。酷評は見当たりませんが、担当者や事故の種類によってバラつきがでてくることはあるのでしょう。

なお1年遅れて登場したイーデザイン損保と似ている面はありますが、保険料は SBI 損保のほうが安いにもかかわらず、相対的な顧客満足度ではイーデザイン損保に追い抜かれている感はあります。SBI 損保の事故対応面の頑張りに期待したいところです。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較