イーデザイン損保の口コミ・評判を辛口評価

イーデザイン損保は、国内最大手の損害保険会社の東京海上日動火災とNTTファイナンスが共同出資して誕生した新しいダイレクト系損保で、2009年6月から営業を開始しています。

ホームページは、自動車保険全般のことを理解しやすいように配慮して構成されており、イーデザイン損保自体に関心がない方でも、はじめて通販保険で補償を自分で考えてつける場合に参考になるウェブサイトになっています。

これはもちろん、自動車保険(イーデザイン損保)に詳しくない方でも、安心して見積もりできるように考えられているわけですが、見やすくてユーザー本位の HP から、イーデザイン損保の良好な営業姿勢が窺えます。

2012年のオリコン CS ランキング 自動車保険部門でついに1位に選ばれたイーデザイン損保ですが、今後の躍進も十分期待できる自動車保険と言えるでしょう。

イーデザイン損保の口コミ・評判

【良い口コミ・評判】
東京海上日動が親が親会社となるダイレクト系損保ということで安心感がある。まだ事故対応は経験していませんが、新しいダイレクト系損保がどこまで実力があるのか見てみたい気持ちもあります。
事故対応は期待どおり、迅速で適切なものでした。ウェブ上でのやりとりも多いので慣れないと戸惑う人もいると思いますが…
若い担当者で不慣れな面も見えたけれど、真面目に対応しれ好感が持てた。あとはロードサービスの内容もう少し良くなることに期待したいです。

【悪い口コミ・評判】
×サービスセンターが2ヶ所しかないのがやや不安。この辺りはいち早く増強して欲しいところ
×事故対応ではまだまだ不慣れな面があると思う。複雑な事故だと対応力に難ありかも知れない。

イーデザイン損保の総合評価

まだ新しい自動車保険ということもあり、事故対応に関する評価が他の自動車保険にくらべて少ないですが、寄せられている口コミには酷評はほとんど見当たりません。事故対応を経験しているユーザーからは、不慣れな面を感じながらも、誠実に対応を評価しており、ダイレクト系損保のなかでは、今のところ平均を上回るレベルではないかと思われます。

イーデザイン損保は、保険料に関して安い部類ではありませんが、一般的に通販保険だとカウント事故として扱われるものが、等級据え置き事故として扱われるものがあり、代理店系損保に近い補償内容を提示しています。また保険料の算出傾向として、年齢条件が若い方、等級が低い方にとって有利な金額になる場合があるようですから、他の自動車保険と見積もり比較してみると面白いのではないでしょうか。

なお東京海上日動を親会社にもつイーデザイン損保ですが、独自の事故処理拠点数は、2012年現在、東京と大阪の2ヶ所のみとなります。今後は主要都市への事故処理拠点の展開を期待したいところです。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較