日本興亜損保の口コミ・評判を辛口評価

日本興亜損保は2010年4月に損保ジャパンと経営統合を果たし、共同持株会社 KSJ ホールディングス傘下となった国内大手損害保険会社です。

日本興亜損保の個人向け自動車保険『カーBOX』はTVCMでも見かけたことがある方が多いのではないでしょうか。2009年ごろから改定が進んだ代理店系損保の自動車保険のなかでも、日本興亜損保の『カーBOX』はシンプルでわかりやすく、HP 上の解説も平易な表現でまとめてあります。

『カーBOX』は基本補償中心のプランももちろん組めますが、ワンラク上の補償プランとして、「相手者全損超過修理費特約」「人身傷害諸費用補償特約」「買替時諸費用補償特約」をセットした『カーBOXプレモ』というプランを選択すると、トラベル・グルメ系サービスを限定割引で利用できるようになっています。自動車保険としてはめずらしい特典ですが、『カーBOX』なら少しリッチな気分も味わえるということですね。

日本興亜損保の口コミ・評判

【良い口コミ・評判】
代理店がとても親切でもう何年も継続している。過去に事故でお世話になったが迅速な対応で大変満足しています。
事故は経験はありませんが、コールセンターの対応はとても良いです。
代理店が信頼でき、日本興亜のスタッフも迅速に対応してくれました。

【悪い口コミ・評判】
×被害者への対応は最悪だと思う。保険金の支払がとにかく遅い
×連絡無しで示談書を送るという対応に腹立たしい思いをしました。
×事故処理後の事務対応がいい加減であった。保険金の支払が大幅に遅れた

日本興亜損保の総合評価

日本興亜損保の場合も、良い評価と悪い評価が両方あるわけですが、良い評価から見えてくることとして、代理店と地域の損害サービスセンターの連携が密であることがあげられます。この点は代理店系損保各社が目指しているところだと思いますが、日本興亜損保の場合とくにこの連携がうまくいっているように感じられます。

また価格.com が実施している自動車保険満足度ランキング、事故時の対応に関する満足度ランキングで日本興亜損保が2位のチューリッヒを凌ぎ、3ポイント差で1位を獲得しています。とくに初期対応は評価が高い日本興亜損保ですから、今後は事故解決後の事務処理まで高評価が得られることに期待したいところです。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較