一番安い自動車保険はどこ?

自動車保険を比較する場合、ひとつポイントになるのが保険料はどこが安いかということだと思います。私自身も、はじめて一括見積もりサイトを利用したときのことを思い出すと、それほど意識していないつもりでも、結局最後に出てくる保険料に注目して加入先を検討していたと記憶しています。

保険料の安さで考えるなら、ダイレクト系損保の自動車保険は検討候補から外せません。私も代理店型損保の自動車保険を長く利用してきましたが、仕事の環境が変わってクルマを運転する機会がいっきに減少したことを機に保険料を節約したくなり、ダイレクト系損保の自動車保険に乗り替えました。

見積もり条件によっては、結構接近することもありますが、ダイレクト系損保と代理店系損保では、保険料は少なくとも2ランクぐらいは違いが出ることを実感しています。やはりなんだかんだ言っても、保険料を節約するのなら、ダイレクト系損保を利用する方向で検討したほうが良いことは間違いないでしょう。

ただしダイレクト系損保の自動車保険の見積もりは、自分で免責や保険金額を決めて入力してくのが基本ですから、ある程度自動車保険のことを理解してなければ難しい面もあります。それに見積もり条件は、自分で決めて入力しているわけですから、組んだ補償内容を代理店のせいにしたり、保険会社のせいにすることはできません。ちょっと大げさな言い方かも知れませんが、ダイレクト系損保の自動車保険は自己責任で加入する保険という面があるのは確かです。

ただし自動車保険は1年ごとに見直しできる保険ですから、補償の付け方がちょっと違ったと思っても1年後には修正できます。また明らかな条件入力ミスなどは保険期間中でも修正することができます。まあそれほど気負わず見積もりしてみれば良いのではないでしょうか。

なお自動車保険の保険料は、いろいろな条件で変わってきますので、どこが一番安いかは明言できませんが、ダイレクト系損保ではアクサダイレクト、三井ダイレクト、そして新しいところでは SBI 損保が注目されています。また年間走行距離で保険料が安くなる保険会社だと、走行距離によっては本当に保険料が安くなります。年間走行距離が少ない方は、アクサダイレクトもそうですが、ソニー損保、チューリッヒなどでも見積もりをとってみると良いでしょう。


保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

私はソニー損保と契約していて、年間で57,230円の保険料を支払っています。年間で57,230円ならそんなに大きな金額ではないと思うのですが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、友人に相談したところ、あるサービスを紹介してもらいました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

友人は、その一括見積サービスで「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と教えてくれたんです。早速、私も利用してみたところ、57,230円の保険料が20,630円になりました!

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは一切ありませんでした。

「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

見積もりでプレゼントがもらえる
自動車保険を安くする方法
自動車保険の基礎知識
加入前にチェックしておきたい
ポイント
自動車保険の割引制度
自動車保険よくある質問
自動車保険の選び方
自動車保険会社を徹底比較